採取ではなく大量培養されているミドリムシ

健康補助食品の素材やサプリメンの成分として配合されはじめてから、私たち一般の方々にも広く知られるようになったユーグレナ、

 

今ではコンビニのスイーツにも採用されていますし、2014年4月5日からはイトーヨーカドー165店舗でユーグレナ入の食品コーナーが設置されるほどになりました。

 

 

初めてユーグレナ食品を口にされる方の中には、抵抗を感じる方がいるかもしれません。「ユーグレナ」と書くと聞こえは良いですが、小学校の理科の実験で観察したあの「ミドリムシ」のことですので、繊細な方は気にされても仕方がありませんね。

 

ミドリムシが体内に入ることに嫌悪感まで抱かずとも、どこから採取しているのか気になる方がいるかもしれませんね。

 

もしかしたら、どこかの池にいって手編みですくってたりして・・・。なーんて、どんどん変な方向へ想像が膨らんでしまうと、せっかく、栄養バランスが良くて未来素材ユーグレナの恩恵を受けることができなくなってしまいます。

 

 

池ですくっているなんてことはないので、どうぞご安心ください。健康補助食品や食品、サプリメントに配合されているミドリムシは人工で大量培養されたものです。

 

米国NASAも実現できなかったミドリムシの大量培養を、2005年に東大を中心とした日本の研究機関が世界で初めて成功させて現在にいたっています。

 

 

ミドリムシはどんどん勝手に増えていきそうなイメージをもたれるかもしれませんが、実はそうではないのです。

 

食物連鎖の最下層に位置する生物で、他の生き物がいる環境下では補色される可能性が非常に高いですし、さまざまな条件がそろわないと大量に増えないそうです。

 

 

この条件が重要なポイントで、特許化されていないために個人や一般企業が情報を得ることができません。ユーグレナ社が特許化せずに秘匿情報にすることで、類似品が勝手に作られるのを防いでいます

 

 

話をふくらませていきます。ユーグレナ社の大量培養技術で作られたミドリムシを配合した商品かどうか、これを判別する方法はあるのでしょうか。

 

この点についてもご安心くださいませ。ユーグレナさんは、高品質・安心・安全なミドリムシであることを約束するロゴマークを決めていて、同社の製品を配合しているものにはロゴが付けられています。

 

>> 【画像あり】ミドリムシサプリメントのロゴマークについて

 

 

上のページでは画像付きで正規ロゴマークをご紹介しており、ユーグレナさんの公式サイトもご案内しています。

 

つまり、ロゴマークのついていないもユーグレナ食品は、どこかの会社が独自の手法で培養したものであったり、それこそどこかの池で採ってきたものかもしれません。

 

 

ミドリムシだからいいなじゃいの?と安易に考えてしまう方は要注意です。独自手法で大量培養された場合、不純物の危険性を疑わざるを得ません。

 

単なる水の中でミドリムシがどんどん増えていくわけではないので、なんらかの化学品が使われているかもしれません。

 

 

ユーグレナ社のものであれば、下のページでまとめたとおり安全性試験を厳しく行い、私たちの健康に危害を及ぼさないことが第三者機関によって証明されています。

 

>> ミドリムシを食べても大丈夫なの?安全性と危険性・副作用について

 

 

安全性の確認には莫大な時間と費用がかかるので、資本力のない企業は金銭的支援を受けない限りできないでしょう。

 

投資家からも熱い注目を浴びるユーグレナ社ですので、安全性および有効性の証明を確実に行ってから製品化に入っているわけです。

 

本題に戻すと、一般的に商品に配合されているミドリムシは大量培養されたものになります。そして、ユーグレナ製品を手にするときには、先に紹介したロゴマークがついているかどうかを確認するようにしましょう。

 

 

関連ページ

妊娠中の妊婦とお腹の赤ちゃんにも安全なユーグレナの商品を教えてください
土曜朝の好視聴率番組「ズームインサタデー」にも取り上げられるだけあって、これから健康志向の高い女性を中心に人気が高まりそうなユーグレナ、妊娠中の妊婦さんとお腹の赤ちゃんにも安全安心な商品について教えてください。