パラミロンがメタボリック症候群を防ぐ

ミドリムシからパラミロンを抽出拡大した図

宇宙生命体のような記憶に残りやすい名前のパラミロン。地球に存在する生物の中で、ミドリムシ(学名: ユーグレナ)がもっている特殊成分です。

 

このパラミロン、中性脂肪やコレステロールなど、太る原因となる有害物質を吸着してそのまま便といっしょに排出されることから、

 

メタボリックシンドロームをはじめとした生活習慣病を予防するとして注目されています。

 

 

なぜ、パラミロンが太る原因物質を吸着できるのか?

 

 

いま一度、上にある画像(クリックで拡大)をご覧ください。細胞膜で覆われたミドリムシの体内に存在するパラミロンを顕微鏡で拡大し、さらにミクロホールの存在を模式化したものです。

 

パラミロンの表面や内部には無数の小さな穴(ミクロホール)があって、ちょうどコレステロールなどの脂肪成分を取り込み、離しにくいサイズと構造になっています。

 

 

とは言っても、目に見えない科学の世界は想像しにくいですね。炭を配合した商品をイメージしていただくと、分かりやすいかなと思います。

 

例えば、家庭にも普及している炭の消臭剤。商品説明には、炭の表面にあいた無数の穴に臭い分子が入り込んで消臭すると書かれています。

 

パラミロンも原理は全く同じで、臭い成分を中性脂肪とコレステロールに置き換えれば想像しやすいです。

パラミロンが免疫バランスを調節して病気しにくい体質へ強化

科学的にはヒトの免疫バランス機能の調節することが証明されていることから、風邪や感染症などの病気になりにくい強い体質へ強化されることが期待できます。

 

ニュースリリース
2014年4月17日
パラミロンの継続摂取による免疫バランス調整機能に関する特許出願のお知らせ
〜免疫バランスを保ち、疾患の発症を予防できる可能性が示唆されました〜
株式会社ユーグレナ
URL http://www.euglena.jp/news/2014/0417.html

 

研究概要は上のページのとおりになります。リンパ球が生み出すサイトカインは、ウイルスや細菌などの病気の原因物質自体を破壊したりその活動を抑制して、発病するリスクを減らす役割があります。

 

ただし、サイトカインが多くなりすぎると自分の体にある性状な細胞を攻撃するなどして、自己免疫疾患を引き起こしたりアレルギー反応を誘発するリスクもあります。

 

したがって、病気になりにくい体質へ強化されるためには、免疫バランスを絶妙にコントロールする必要があり、これを可能にするだろうと期待される物質としてパラミロンが科学的に立証されたわけです。

パラミロンが痛風予防、プリン体の吸収を抑制

すでにユーグレナ社が「パラミロンのプリン体吸収抑制剤及び血中尿酸値低減剤」の特許を取得しており、プリン体吸収抑制組成物の有効成分として今後の研究開発に大きな期待が寄せられています。

 

 

パラミロンを含むユーグレナ社のオリジナル商品

大手スーパーやコンビニ等でユーグレナ商品の販売が強化されたことにより、「ミドリムシを食べる」ことに抵抗を感じなくなった人も多いと思います。

 

いまでは多数の商品があちこちの小売店で販売されていますし、ネットで検索してみるとなにがなんだか、無数のユーグレナ食品であふれかえっています。

 

 

パラミロンを失うこと無く、ミドリムシの良さが凝縮された商品をお探しでしたら、ユーグレナ社のオリジナル商品である「緑汁」を試してみてはいかがでしょうか。

 

粉末タイプで水や牛乳などお好みの飲料で溶かすタイプで、タブレットやカプセルとは違い、ミドリムシの風味をより強く堪能することができます。

 

青汁と同じイメージで大丈夫です。ただ、飲みやすく加工されていますので、最近の青汁が飲める方であればほとんど抵抗を感じることがないと思います。

 

ユーグレナ社オリジナル商品「緑汁」の詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

パラミロンとは | ミドリムシ(ユーグレナ)特有のデトックス成分記事一覧

ミドリムシについて調べていた時にネットの情報をざっくり大量に調べていたのですが、そのなかにパラミロンが繊維だから便秘解消にも効果的とされる記事をみた覚えがあります。おそらく今でお、「パラミロン 便秘解消」のキーワードでGoogleやYahooで検索すると、何かしらのWEBサイトで紹介されているでしょう。パラミロンのβ-1,3-グルカンと呼ばれるもので、確かにこれは繊維です。ただし、ぎゅぎゅっと塊に...

ミドリムシのデトックス効果と言えば、光合成を司る葉緑体のなかに存在するクロロフィルによるものとされており、パラミロンについてはサプリなどの商品ページでは言及されていません。でも、パラミロンには無数の微細な穴があいているわけで、このなかに有害金属が入り込んでいっしょに排出してくれるのではないかと考えてみました。注目されているのはコレステロールや中性脂肪を吸収して便といっしょに腸内から流し出してくれる...

ユーグレナ(和名ミドリムシ)の食品が全国に広がるにつれて、ユーグレナ特有の含有成分であるパラミロンにも注目があつまっています。宇宙人のような名称でまったく想像がつかないため、健康美意識と警戒心が高い方は、その安全性について心配されるかもしれません。早速結論ですが、パラミロンに有害・毒性はないのでご安心ください。体に良くないことといえば(薬でいう副作用)、食物繊維やオリゴ糖と同じく、たくさん摂り過ぎ...