40代太りやすい中年男性の心配事、肥満・メタボを予防する一つの方法

まずは夜の付き合いをほどほどにして、社会的なストレスを軽減させて、その上で、規則正しい生活を送ることが生活習慣病予防に最も効果的な方法です。色とりどりの野菜料理を奥さんに作ってもらったり、独り身なら積極的に取るように心がけることが大切。睡眠については時間の長さは重要でないので、短時間でも熟睡できるように寝る前にストレッチをしたり、布団に入る数時間前にしっかりと運動をして眠気のピークが就寝時に来るように調整することが大切です。

 

これら基礎生活がみだれていると体にいいサプリをとってもほとんど効き目が無いため、一にも二にも規則正しい生活を徹底することが大切ですね。ただし、それだとおもしろみがなくなるでしょうから、ある程度適当にしておくことも大切かもしれません。いまいいたいことは、薬や補助食品に頼ってもどうにもならず、まずは意識的に生活習慣病予防をしていくことが重要だということです。

 

その上で、青汁などのビタミンやミネラル豊富な食材を補助的にとっていくと効果的でしょう。最近ですとミドリムシも注目されるようになり、これをドリンクにしたものは青汁に対して緑汁と呼ばれるようになりました。最近の研究でミドリムシをとることによりアディポネクチンと呼ばれる肥満とメタボ予防に作用する生体物質の分泌を促すことがわかっており、太りやすい40代中年男性におすすめできるドリンクです。

 

ミドリムシを粉末化したものがすでに販売されていて、水に溶かしてもいいですし、ミルクやヨーグルトドリンクにして飲みやすくするといいですね。毎朝の食事に少し加えていく感覚がいいと思います。過度なダイエットのように強く意識すると続かなくなってしまうでしょうから、持続させられるように緑汁をどのタイミングで飲んでみるか計画することも大切ですね。

関連ページ

アディポネクチン
メタボリックシンドローム、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病を予防する効果が期待されるアディポネクチン。ミドリムシのサプリメントを飲用して、アディポネクチンの量が増加しました。
中性脂肪とコレステロールの違い
肥満・メタボリック症候群、高脂血症、動脈硬化症、冠動脈疾患、がんなど、生活習慣病に深く関わる中性脂肪とコレステロールの違いと健康への影響についてまとめました。
中年男性で太りやすい体質の人が青汁で肥満を予防できる理由
太らない体質へ変えていくために効果的なのが青汁です。ただし、仕事の付き合いとか言いながら暴飲暴食を続けていたら、せっかくの青汁が台無しになります。なぜ青汁を飲み続けると太りやすい中年男性でも肥満を予防できるのかをまとめてみます。