メタボリックシンドロームをはじめ生活習慣病を予防

医療業界でも注目されているアディポネクチン。糖尿病・高血圧・動脈硬化・高脂血症・メタボリックシンドロームなどをはじめ、生活習慣病の予防に大きな期待が寄せられています。

 

銀座サイエンスペロ大森クリニックさんの調べによると、みどりむし1g(サプリメント3粒程度)を1ヶ月間飲用したところ、アディポネクチンの増加しました。

 

 

もう少し、アディポネクチンについて調べてみましょう。

 

若返りの健康ホルモン「アディポネクチン」とは?

日本発の、若返り・長寿・健康に関わるホルモンがアディポネクチンです。1996年に大阪大学で発見され、2003年に東京大学でホルモンであると定義されました.

 

現在は、世界中の研究者が注目しており、医薬品等への応用が期待されます。

 

 

アディポネクチンの血中濃度と内臓脂肪が相関しており、内臓脂肪が増えるとアディポネクチンが減少します。また、心筋梗塞などの患者でアディポネクチンが量が少ないほど死亡率が高くなることも分かっています。糖尿病患者でもアディポネクチンが少なく、インスリン感受性が低いことも分かっています。

 

 

アディポは「脂肪」、ネクチンは「ひっつく」ことを意味し、血流にのって全身を巡り、血管の傷にくっついて修復します。

 

アディポネクチンに期待する効果・効能

アディポネクチンの作用として以下のことが分かっています。

 

  • 血管平滑筋細胞の増殖抑制作用、血管内皮細胞と単球の接着阻害作用、マクロファージの貪食能の低下作用などにより動脈硬化を抑制
  • 脂肪細胞のインスリン感受性を高めることによる抗U型糖尿病作用
  • 内臓脂肪のサイズを小さくすることによる脂肪燃焼作用

 

 

数々の研究により、糖尿病・動脈硬化・炎症・肥満の予防、そしてメタボリックシンドロームの予防に効果があると期待されています。

 

 

 

※ミドリムシを摂取してアディポネクチンが増加※

関連ページ

中性脂肪とコレステロールの違い
肥満・メタボリック症候群、高脂血症、動脈硬化症、冠動脈疾患、がんなど、生活習慣病に深く関わる中性脂肪とコレステロールの違いと健康への影響についてまとめました。
40代で太りやすい体質の男性が肥満とメタボを予防する一つの方法
社会でもバリバリ活躍し最も油の乗っている40代男性、その一方、太りやすい体質の方にとっては肥満やメタボが気になるころです。今回はミドリムシの成分が生活習慣病予防に役立つことをご紹介します。
中年男性で太りやすい体質の人が青汁で肥満を予防できる理由
太らない体質へ変えていくために効果的なのが青汁です。ただし、仕事の付き合いとか言いながら暴飲暴食を続けていたら、せっかくの青汁が台無しになります。なぜ青汁を飲み続けると太りやすい中年男性でも肥満を予防できるのかをまとめてみます。