ユーグレナ社のミドリムシサプリ

2014年11月13日、22時30分から23時24分にカンブリア宮殿で放映されたミドリムシビジネス

 

特集された企業は株式会社ユーグレナ、出雲充社長がミドリムシビジネスの展開と発展、さらにはミドリムシをパートナーや娘のに例えて愛情を語られていました。

 

 

倒産を意識せざるを得ない危機を乗り越え、いまでは自社負担しながらもバングラデシュに済む栄養不足の人々へ、

 

栄養価の高いミドリムシクッキーをお届けできるほどまでに成長し、さらなる発展と進化を続けています。

 

 

こちらでは、世界に先駆けてミドリムシビジネスを牽引するユーグレナ社のミドリムシサプリについてご紹介します。

ミドリムシを粉末化したユーグレナ社の緑汁

食品分野ではイトーヨーカドーをはじめ取扱い業者が多くなっており、商品数を着実に増やしながら全国へ広がりをみせています。

 

ユーグレナ社の大量培養により生産された原料を使用して他社が開発したサプリメントを、インターネット通販を中心に多数見かけるようになりました。

 

 

製薬会社も健康補助食品としてのサプリを開発・販売するほどで、私たち一般消費者として、ミドリムシを試すために何から飲み始めていいのか迷ってしまうかもしれません。

 

 

もし美容と健康のためにミドリムシ商品をお試しする予定でしたら、本家大元のユーグレナ社が開発したミドリムシ粉末からスタートしてみたらいかがでしょうか。

 

 

水や牛乳、豆乳などに溶かすと見事に緑色になることから、商品名は緑汁となっています。青汁を意識させられるネーミングですし、健康意識の高い方々は青汁と飲み比べして体調の変化を記録されたりもするようです。

 

ミドリムシ粉末を溶かした緑汁

粉末を溶かすと画像のようになります。番組内でも紹介されていた通り、このなかには59種類もの栄養素が含まれていて、ミドリムシだけがもっている特定物質のパラミロン(※)も入っているわけです。

 

(※)パラミロンについて:コレステロールの吸収抑制や花粉症の緩和などに役立つ可能性があり、医薬品分野最大手、武田薬品工業のヘルスケアカンパニーと医薬品などの共同開発を進めるまでに至っています。

 

数ある商品の中でも、ミドリムシの風味を堪能できるのはユーグレナ社の緑汁でしょう。カプセル・錠剤・タブレットにおける、健康面への効果・効能を考えれば同等かもしれませんが、

 

やはり、一度はミドリムシそのものに近い味を感じてみてはいかがでしょうか。

 

緑汁の公式サイトには59種の栄養素もすべてリストアップされていますので、よろしければご参考ください。

 

>> ユーグレナ社「緑汁」の公式サイト

 

 

 

 

 

 

関連ページ

「ミドリムシカラダに委員会」ユーグレナ&イトーヨーカ堂のプロジェクト
ミドリムシ製品のパイオニア「ユーグレナ社」と「イトーヨーカ堂」が「ミドリムシカラダに委員会」を発足し、全国165店舗のイトーヨーカ堂でユーグレナ入りの食品コーナーを設けます。
【ズームインサタデー】未来食材ユーグレナ(みどりむし)食品とは
2014年11月8日のズームインサタデーで、未来食材ユーグレナ(和名:みどりむし)が紹介されました。全国展開するイトーヨーカドーをはじめ、コンビニの食品にも使われるようになり、じわじわと注目が高まるユーグレナについてまとめています。
就活面接でミドリムシを鼻で笑っていた女子大生の話
就職活動中の女子大生が近況を報告しあっていた。ある企業の面接で「将来、ミドリムシをどのように役立てていきたいですか。」旨の質問されたらしく、それについて鼻で笑っていたので、おそらく落とされただろうとう話です。
サイエンスZEROで南沢奈央が食べていたミドリムシのクッキー
4月10日放送(16日再放送)のNHKサイエンスZEROで地球を救う?!神秘の生物ミドリムシ(英名:ユーグレナ・グラシリス)が特集されました。そのなかで南沢奈央さんと竹内薫さんが食べていたミドリムシのクッキーについて調べ、さらにはユーグレナ本来の風味を堪能できる食材についてご紹介します。