クロロフィルの人体内デトックス効果を調べられますか?

科学の世界ですね。配位結合とか電子がからんでくる非常に難しい話になるのでしょうか。クロロフィルは体に有害な金属元素に結合していっしょに体外へ排出されることが知られています。動植物のミドリムシにも当然クロロフィルが含まれており、粉末化された緑汁のデトックス効果も注目されています。

 

さて、人の体の中でクロロフィルによる解毒がどれくり行われているのか測定することはできるのでしょうか。

 

科学的に証明することは不可能でしょう。人にかぎらず生き物のなかには無数の分子や元素が存在していて、何がなんだかわからない状態になっています。そのなかで一つのクロロフィルがあの有害金属にひっついて流し出してくれました。なんていうことがわかったらすごすぎますね。

 

ですので、クロロフィルが何に対してどんな風に作用するのか(結合するのか)は、生体外のIn vitro系で測定されます。その反対がIn vivoで生体内を意味します。ただし、正確な測定ができなくてもからだに悪いものを外に出してくれる作用があることは確かですから、メーカーが決めた量を守って毎日飲み続けることが大切ですね。

 

健康に気を遣われる女性を中心に青汁とともに緑汁のデトックス効果が着目されています。ちなみに、繊維やパラミロンと呼ばれるミドリムシ特有の丸っこい物質が便秘解消にも役立ちますので、腸内環境を綺麗にすることも期待できます。

 

ひとえに解毒と言っても血液の中を綺麗にするとか体液を浄化するとかそんなことのみでなく、腸にたまる大便にも毒素がいっぱい含まれているわけですから、便秘にならないように気を遣うことが綺麗なお肌のためにも大切になってきます。

関連ページ

中性脂肪を減らすミドリムシ
肥満やメタボリックシンドロームはもちろん、様々な生活習慣病の原因となる中性脂肪。米国のNASAが研究する未来食のミドリムシに含まれるパラミロンが中性脂肪をどんどん排出します。
コレステロールを下げるミドリムシのパラミロンに注目!
地球で生きる生物のなかでミドリムシのみがもつとされるパラミロンが、肥満やメタボリックシンドロームの原因となるコレステロールを下げることが分かり、医療・健康食品業界の研究者が注目しています。