朝から眠気や倦怠感で何事にも集中できずお悩みの方へ

「早起きは三文の徳」いまでは、「早起きは3億の得」なる書籍が発刊されるほど、朝の時間は貴重であることが共通認識ですし、

 

社会人であればまさにゴールデンタイム、この時間をいかにして過ごすかが生涯年収を左右するといっても過言ではありません。

 

その一方で、睡眠時間を確保しているにも関わらず、朝から体がダルくて倦怠感・疲労感に苛まされ、朝食をとった途端に眠気におそわれるような人もいます。健康診断では病気などの診断結果がでないので、本人にしか分からないものです。

 

朝のゴールデンタイムに超集中して、創造的かつパワフルに過ごしている人と比較したら、全ての結果において雲泥の差が出るのも当然の話ですね。

 

成長期の子供なら話は別ですが、体ができあがり身体が安定するはずの大人で朝が辛い方、そして病気でもなく他人には分かりにくい取り憑かれたような倦怠感・疲労感を常に感じている方は、血糖値が安定していないことを疑ってみてください。

 

血糖値が低いくて頭がまわらないこととは別の話です。上のような症状でお悩みの場合、血糖値が安定していない可能性が高いです。睡眠時間がとれていることを前提として考えられる大きな原因の一つが、糖質と炭水化物の摂り過ぎです。

 

糖質をとりすぎると血糖値が急激に上昇し、いっときは脳が回転してパフォーマンスは高まりますが、その後急激に血糖値が低下して一気に内なる力が抜けた感じになり、集中力が途切れて眠気や倦怠感におそわれます

 

眠気が増して寝転がれない状況だと食欲が増してしまうので、それに我慢できず再びチョコレートやクッキーで砂糖を取り過ぎたり、菓子パンなどで炭水化物を再摂取するなど、悪循環におちいっていきます。

 

分かりやすい例をあげると、炭酸が好きな人が繰り返しそれを欲したり、コーヒー中毒の人や煙草も同じようなものですね。すでに依存症ぎみになっており、砂糖の多いものを欲するのは生物共通のようですので、強く意識をして食べないルールを決めることが重要になります。

 

若いうちは病気にもならずやり過ごせますが、知らぬ間に内臓脂肪や血管内壁にコレステロールが蓄積され、30代後半あたりから生活習慣病の兆候がでてくることもあります。

 

いずれにしても、朝の時間をどう過ごすかが人生を輝かせるか否かの分かれ目といってもいいでしょう。こんなに気張る必要はないと思われるかもしれませんが、

 

それくらい、日の出とともにハイパフォーマンスで活動され続ける方と、憂鬱な気持ちでなんとなく過ごしている人とでは、社会にもたらす結果と人生の充実度に大差が生ずるのも自然なことです。

 

もし、朝から眠気や倦怠感で何事にも集中できないようでしたら、念の為にもう一度、食生活を見直してみませんか。

 

カンブリア宮殿などの複数メディアに取り上げられている、ユーグレナ(和名:ミドリムシ)のサプリが体調改善につながるかもしれません。

 

ユーグレナ商品の生みの親である株式会社ユーグレナより緑汁が紹介されていますので、必要になりましたらお役立てください。

 

緑汁の詳細はこちらです