ユーグレナでは不足する栄養素をビール酵母が補う

ユーグレナ(和名ミドリムシ)には、下の表のとおり、59種類もの栄養素が含まれています。

 

日本食品分析センターが検査、石垣産ユーグレナに含まれる59種類の栄養素一覧

 

日本食品分析センターによる分析ですので、信頼性最高クラスの検査結果です。ビタミン類14種、ミネラル9種、アミノ酸18種、不飽和脂肪酸、特殊成分パラミロンなどその他栄養素にまでいたり、動植物ならではのバランスのよい構成となっています。

 

また、細胞壁がないので消化吸収率が高くなることもメリットの一つです。

 

ただ、いずれの成分も高濃度で含まれているとは限らず、不足しがちな栄養素をビール酵母で補っていると考えられます。ビール酵母自体も栄養バランスが良く、独自のサプリメントが販売されていますが、ユーグレナとの相性の良さからミックスされたサプリが作られたのでしょう。

 

一つ一つの成分、例えばアミノ酸の一種であるグリシンがどれくらいの濃度で含まれているとか、そこまで詳細な分析はされていません。できあがったサプリを分析した結果、ミドリムシとビール酵母をミックスしたものが良かったのだと考えられます。

 

さらには、腸内で働いている善玉菌の働きをサポートしてくれる有胞子性乳酸菌もユーグレナやビール酵母との相性が良いと分かっています。

 

ユーグレナ商品により組み合わせた素材が異なり、独自性がでていることがあるので、素材の組み合わせによる相乗効果に着目してみるのも良いですね。

 

もし、ミドリムシ配合の健康食品をお探しでしたら、本家大元ユーグレナ社さんの緑汁をお試しされてみてはいかがでしょうか。下のページに見た目や風味等をまとめましたので、ぜひ一度ご参考ください。

 

青汁とは味も栄養も違うミドリムシ濃縮ドリンク「緑汁」について